らくらくホン

ドコモのらくらくホンを契約するなら料金プランはどうする?毎月の維持費をシミレーション

ドコモのらくらくホン、らくらくスマホを持つなら料金プランってどれを選ぶべき?

ドコモのらくらくホンに新規購入や機種変更する場合に、必ず知っておきたい料金プランについてまとめています。

らくらくホン(ケータイタイプ)

らくらくスマホ

2種類で販売されるようになりました。

らくらくホンならどのくらいの維持費なのか、らくらくスマホだと普通のスマホと同じような料金で利用することになるのか?ということを考えると思います。

今回は、ドコモのらくらくホンを契約するなら料金プランはどのようなものが選べるのか、毎月の維持費をシミュレーションしながらお話しています。

→らくらくスマホ 4 の在庫状況こちら

→らくらくスマホ meの在庫状況こちら

→らくらくホン F-01Mの在庫状況こちら

らくらくスマホ「4」「me」はドコモの期間限定キャンペーン対象機種

関連記事
らくらくホンを持つならドコモケータイ補償サービスは必要か考えてみた!

続きを見る

【2020年】ドコモでらくらくホン・らくらくスマホを契約するなら選べる3つの料金プラン

参考:ドコモらくらくホン向け料金プラン

プラン対象機種データ容量月額料金
ケータイプランケータイ100MB1,370円
ギガホスマホ30GB7,150円
ギガライトスマホ0GB~7GB3,150円~6,150円

ドコモでらくらくホンを契約する場合はらくらくホンがケータイタイプのものなのかスマホタイプのものなのかで利用できる料金プランが変わります

らくらくホンなら、データ容量が100MBがついてくるケータイプランを利用.

らくらくスマホならデータ容量が30GBまで利用できるギガホか、0GB~7GBまでの使った分だけ支払うギガライトのどちらかで自分の利用方法に合った方を選ぶことができます。

関連記事
ドコモケータイプランを詳しく解説|100MBで何ができる?超えるとどうなるの?

らくらくホンを契約する場合、料金プランを割引きすることができる割引サービスを利用することが可能。

毎月の支払いを安く抑えることができます。

dカードお支払割または2年定期契約

みんなドコモ割

はじめてスマホ割

ドコモ光セット割

ギガホ割

ドコモでは5つの割引きサービスがあり、料金プランや契約内容によって併用できる割引きサービスが違っています。

分かりやすいように、各料金プランで併用できる割引きサービスを表にしました。

ケータイプランギガホギガライト
dカードお支払割または2年定期契約
みんなドコモ割
はじめてスマホ割
ドコモ光セット割
ギガホ割

それぞれの料金プランですべての割引きサービスが併用になった場合の料金です。

ケータイプラン

割引き前の月額料金1,370円
dカードお支払割または2年定期契約1,200円

ケータイプランは170円の割引きのみです。

らくらくホンはケータイプランの月額料金と本体代金というシンプルな内容になっていて、ぱっとみても分かりやすくなっていますね。

ギガホ

割引き前の月額料金7,150円
dカードお支払割または2年定期契約-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円
ギガホ割-1,000円
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)2,980円

毎月30GBの大容量通信が可能な料金プランであるギガホ。

ギガホは最大で4,170円の割引きが6ヶ月継続します。

というのも、ギガホ割は最大6ヶ月間のみの割引き適応期間が設けられているためです。

ギガライト

割引き前の月額料金0GB~1GB

3,150円

~3GB

4,150円

~5GB

5,150円

~7GB

6,150円

dカードお支払割または2年定期契約-170円-170円-170円-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円-500円-500円-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割0円-500円-1,000円-1,000円
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)980円1,480円1,980円2,980円

最大7GBまでの従量課金制であるギガライト。

ギガライトは最大で3,170円の割引きが12ヶ月間続きます。

毎月の通信量を1GBまでに抑えることができれば、らくらくスマホを980円で持つことも可能です。

ドコモらくらくホンの毎月の維持費をシミュレーション

らくらくホンは、ケータイタイプとスマホタイプで種類が分かれているのでタイプによって利用できる料金プランは異なります。

それぞれのらくらくホンを契約した場合の毎月の維持費をシミュレーションしてみましょう。

らくらくホン F-01M

参照:らくらくホン F-01M

ケータイプラン1,370円
dカードお支払割または2年定期契約-170円
本体代金38,016円(1,056円×36回)
合計2,256円

らくらくホンの最新機種であるF-01Mは、ケータイプランを利用します。

本体代金を36回払いにした場合、月々の分割金は1,056円。

毎月の利用料金1,200円に本体代金1,056円が合算された2,256円が毎月の維持費ということになります。

らくらくスマホ 4

参照:らくらくスマホ 4

\ギガホの場合/

割引き前の月額料金7,150円
dカードお支払割または2年定期契約-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円
ギガホ割-1,000円
本体代金(30,096円)836円×36回
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)3,816円

\ギガライトの場合/

割引き前の月額料金0GB~1GB

3,150円

~3GB

4,150円

~5GB

5,150円

~7GB

6,150円

dカードお支払割または2年定期契約-170円-170円-170円-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円-500円-500円-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割0円-500円-1,000円-1,000円
本体代金(30,096円)836円×36回836円×36回836円×36回836円×36回
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)1,816円2,316円2,816円3,816円

らくらくスマホ 4は料金プランはギガホかギガライトから選ぶことができます。

ギガライトですべての割引きサービスが適用されれば、本体代金を含めても月額1,816円から利用することができるので、ケータイプランよりもお得になります。

しかし、ギガホ割が適用される6か月間はギガライトとギガホで比べると、ギガライトで5GB以上利用した場合とギガホの定額料金が同じ金額。

毎月5GB以上は利用するということならギガホを利用するのも結局同じ金額で30GBもデータ容量があるので、ギガホにした方がお得に使えるという考えもできます。

らくらくスマホ me

参照:らくらくスマホ me

\ギガホの場合/

割引き前の月額料金7,150円
dカードお支払割または2年定期契約-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円
ギガホ割-1,000円
本体代金(41,184円)1,144円×36回
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)4,124円

\ギガライト/

割引き前の月額料金0GB~1GB

3,150円

~3GB

4,150円

~5GB

5,150円

~7GB

6,150円

dカードお支払割または2年定期契約-170円-170円-170円-170円
みんなドコモ割(2回線)-500円-500円-500円-500円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
はじめてスマホ割-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割0円-500円-1,000円-1,000円
本体代金(41,184円)1,144円×36回1,144円×36回1,144円×36回1,144円×36回
合計(みんなドコモ割3回線以上の場合)2,124円2,624円3,124円4,124円

らくらくスマホ meもギガホかギガライトを契約することができますね。

月々の維持費は本体代金が41,184円で今のところ一番価格が高いです。

ギガライトなら2,124円~

ギガホでも4,124円~

の維持費で購入することが可能です。

【ドコモらくらくホン】ケータイかスマホかで選べる料金プランが異なる!

らくらくホンにはケータイタイプとスマホタイプの2つの種類があって選べるプランが変わります。

ケータイプランは併用できる割引きサービスも少なく、シンプルな料金内容になるので分かりやすいですよね。

スマホタイプの場合は、他のスマホと同じ料金プランを利用し、割引きサービスも同じものを利用することになります。

初めてケータイからスマホに買い替える場合ははじめてスマホ割が適用されるので、その分安くすることが可能ですよね。

らくらくスマホでも、毎月の維持費はケータイプランとほとんど変わらない料金から利用することができますよ。

思ってる以上に毎月の維持費は安くすることができるます。

2年契約の縛りが弱くなったこの機会に、新しいらくらくホンを購入してみてはいかがでしょうか。

らくらくホンの料金プランまとめ

らくらくホン、らくらくスマホ料金プラン

  • らくらくホンならケータイプランに契約
  • らくらくスマホなら「ギガホ」もしくは「ギガライト」に契約
トモ蔵
らくらくスマホでも思ったよりも安くもてるんじゃの~
ちびドコモちゃん
割引きたっくさん使えるもんね!

-らくらくホン
-

Copyright© 【ドコモ】らくらくホンの教科書(使いこなしマニュアル) , 2020 All Rights Reserved.

ドコモ在庫状況を一覧で確認する
ドコモ在庫状況を一覧で確認